ほうれい線/マリオネット線/フェイスラインの丸み/目の下、頬コケの原因

ほうれい線/マリオネット線/フェイスラインの丸み/目の下、頬コケの原因

これらは全て脂肪の下垂が原因で,上の図で説明が可能です。
もともと顔面の脂肪は、より深部の筋肉や骨と、繊維のヒモ(ligament)で強くつなぎ止められています。
このヒモが徐々に伸び、脂肪の位置が下がることで、“老けた”外見となります。
具体的には以下のようになります。

1.目の下の脂肪の下垂による老化

下図のように法令線が深くなるとともに、もともと脂肪があった部位は陥凹し、目の下のくまを形成します。
また、皮膚は内側から脂肪で引っ張られ、ゴルゴ線と呼ばれる溝をつくります。

2.頬の脂肪の下垂による老化

頬の脂肪が下がることで口の横が膨らみ、マリオネット線が出てきます。また、顎のラインよりも脂肪が下がることでフェイスラインに膨らみができ、シャープさがなくなります。口周りのもたつき、ぼやけた印象の原因となります。
本来脂肪があった頬は、脂肪が無くなることでこけてしまいます。

3.皮膚の繊維の伸展による老化

皮膚の繊維も同じように老化とともに伸びて弾性を失います。そのため、全体的に皮膚が余り、シワやハリがない状態となります。
あご下のたるみは皮膚の繊維が伸びることにより生じます。

以上が簡単な顔面の老化現象の本態です。正確には脂肪織自体の萎縮と、中顔面の骨の後退も作用します。


老化に対抗するには

老化に対抗するには

1.落ちた脂肪を引き上げる

2.伸びた皮膚を引っ張る

丁寧な、(良心的な)フェイスリフト手術はこの2つを解決してくれます。

しかし同じフェイスリフト手術でも、お手軽ミニリフトでは皮膚を引っ張るだけの場合がほとんどです。
その場合、引っ張られた皮膚の周りはシワが伸びますが、脂肪はそのままのため、たるみは改善せず顔の輪郭(シルエット)は変わりません。良心的なフェイスリフトと手抜き手術
皮膚を引き上げるだけではなく、落ちた脂肪を移動させるか切除あるいは脂肪吸引することで初めて輪郭がすっきりします。

一方、脂肪を引き上げるだけであれば、糸で引き上げる方法(シルエットリフト等)があります。
しかし余剰皮膚はそのままのため、シワはシワとして残ります。
注意しなければいけないのは、同じ糸でもハッピーリフトやスレッドリフトなど、皮膚に刺すだけの糸では脂肪が上がることはありません


手術をしないで老化に対抗する

手術をしないで老化に対抗する
ウルセラ+サーマクールは切らないリフトアップ手術とみなせます。

1.落ちた脂肪を引き上げる→落ちた脂肪をつぶす(サーマクール)

2.伸びた皮膚を引っ張る→伸びた皮膚を引きあげる(ウルセラ、サーマクール)

手術をしないと脂肪を引き上げることができません。
しかし、脂肪が落ちる前の状態に近づけることはできます。
たるみにより出現した膨らみをつぶすことで、たるみがない状態(若い頃の状態)に見えるようになるためです。
それに対し、ウルセラは引き上げを行います。
以上から、手術にたとえると、ウルセラが皮膚の切除、サーマクールが脂肪の除去に置き換える事ができます。


サーマクール情報

1.サーマクールの価格設定について

当院はサーマクール専門医院ですので、サーマクールに必要ない場所、人、物、広告などを減らすことで他院に比べるとサーマクールの施術料金が低く抑えられています。
なるべく多くの方に受けていただきたいという気持ちからですが、ここでそのようなことを宣伝するつもりはありません。

コメントなし

2.サーマクールのチップとショット数について

チップというのはサーマクールをするときに直接顔にあたる部分の部品です。
チップは1回限りの使い捨てになっていますから、治療を行うときに初めて袋を開封し、ハンドピースの先端に装着して治療を行います。治療が終わったらチップを外し、チップを破棄します。

コメントなし

3.サーマクールの機械の音について

自分がどの程度の出力で施術をされているのかは、施術者に照射レベルを確認することが最も簡単ですが、通常はなかなか困難です。
そこで、出力を上げた効果的な施術であったのか、レベルを下げた弱い施術だったのかを判断する方法があります。

コメントなし

4.サーマクールとウルセラの比較

サーマクールと並び、切らないたるみ治療の主流にこれからなりつつあるものがあります。
サーマクールと同じように、熱で皮膚の深部のコラーゲンを収縮させて引き締める治療で、ウルセラ(ulthera)です。

コメントなし
サーマクールの副作用~美容的副作用~

5.サーマクールのマーキング~当院の考え~

サーマクールの施術の前にマーキングを行います。
クリニックによってはマーキングを行わないところもあるようですが、マーキングシートを使いマーキングを行って施術をすることがスタンダードだと思われている方が多いようです。

コメントなし
サーマクールの効果が違う理由~打ち方の違い~

6.サーマクールの効果が違う理由~打ち方の違い~

たるみを効果的に解消するには、たるみがある状態で治療しなければなりません。
横になった状態で顔を見てもたるみはありません。
起き上がっている時に重力に従い、はじめてたるみが出現します。
限られたショット数を最大限に効果を出すには、たるみの場所を狙い撃ちして治療する事が不可欠です。

コメントなし
サーマクールの即時効果~速効性はあるか?~

7.サーマクールの即時効果~速効性はあるか?~

サーマクールは治療してすぐに効果が出るでしょうか?
サーマクールの治療の効果は、下のグラフのように、1~2ヶ月かけて徐々に現れます。
治療直後に2割くらいの効果が出ているはずです。

コメントなし
手術をしないで老化に対抗する

8.ウルセラサーマクールの効果~正しいたるみの理解

ほうれい線/マリオネット線/フェイスラインの丸み/目の下、頬コケの原因 、老化に対抗する方法、手術をしないで老化に対抗する方法についてご説明いたします。

コメントなし
顔だけではシルエットは変わらない

9.サーマクールで若返るコツ

サーマクールは、引き締め効果によりフェイスラインのシルエットをシャープにすることができます。
しかし顔だけに施術をしても、フェイスラインは変わりません。
なぜか・・・。

コメントなし
サーマクール照射出力(レベル)内部資料

10.サーマクール照射出力(レベル)内部資料

自分がどの程度の出力で施術をされているのかは、施術者に照射レベルを確認することが最も簡単ですが、通常はなかなか困難です。
そこで、出力を上げた効果的な施術であったのか、レベルを下げた弱い施術だったのかを判断する方法があります。

コメントなし